Home > Marina Guide > 施設概要

美しい富山の海に抱かれて、マリンアクティビティーを満喫

海竜マリンパーク(新湊マリーナ)は、2000年とやま国体のヨット競技会場として建設された施設です。2015年3月の北陸新幹線の開業による首都圏からのアクセスの向上により、県外の方々にも身近なマリーナとなっております。
このマリーナが面する富山湾は、比較的波が穏やかで、四季を通じてクルージングやフィッシングなどのマリンレジャーが楽しめる魅力あふれるスポットです。また、富山湾は、2014年10月に日本海側初の「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟し、国際的な評価が高まっています。
こうしたなか、大型化する船舶への対応や国際的ブランド「富山湾」のさらなる魅力向上等を図るため、近年、新たに係留施設、水上桟橋、オーナーズハウス、日本海側最大級の50t吊の大型クレーン等を整備し、今後も引き続き、施設の充実を図ることにしております。
さらに、このマリーナ周辺は、海の貴婦人と呼ばれる帆船海王丸を中心に広がる「海王丸パーク」や日本海側最大級の斜張橋「新湊大橋」などにより観光スポットとしても注目を集めているところです。
当マリーナは、利用契約者の皆様、また、ビジターの方々にもマリンレジャーを楽しんでいただける拠点を目指し、魅力の向上に取り組んでいます。是非ご利用ください。

テルハ式クレーン 自走式クレーン

◆所在地 射水市海竜新町2番
◆施設概要
マリーナ陸域面積
56,900 m²
陸上保管ヤード
48,500 m²
水上保管ヤード
46,300 m²
◆施設概要

●収容艇数(計706艇)

水上プレジャーボートなど185艇(物揚場を含む)
※15m級シングルバース9艇分含む(陸上電源あり)

陸上プレジャーボートなど421艇
陸上ディンギーヨット100艇

●クラブハウス1棟(シャワー等 2015年改修済)

●オーナーズハウス1棟(2017年完成)

●バーベキュー広場(2017年完成)

●上下架施設

テルハ式クレーン50t/1基(2017年完成)

自走式クレーン20t/1基

ジブクレーン2.8t/1基